遠藤潔の活動報告

第十八代 遠藤宗家 遠藤潔

栗原家文書

2018年03月19日
遠藤 潔 遠藤宗家第十八代の親戚である栗原秀雄 栗原家当主は、代々旧上石神井村の名主を務めた旧家で、かつては石神井城や石神井風致地区などをふくむ広大な土地を所有していた。そのことから、遠藤宗家第十八代 遠藤 潔の曽祖父である栗原鉚三 栗原家当主が石神井村村長等を歴任し、現在の練馬区の基礎を構築した。

栗原家文書は、栗原家に伝わっていた文書類である。現在、公益財団法人練馬区文化振興協会のふるさと文化館(石神井町5丁目12番16号)の所蔵品として保管されている。

栗原文書は、天保2年(1831年)の「議定一札之事(板橋宿代助郷御免除相願度ニ付)」から昭和8年(1933年)の「石神井案内」まで52点が現存している。江戸時代の文書は、天保期(1830~1844年)の助郷や慶応4年(1868年)の信忠隊三宝寺江止宿諸入用覚帳」など旧幕府諸隊に関わるものが残っている。

近代の文書では、明治41年(1908年)の「御願(豊島氏貴重品池中探索ニ付)」、昭和6年(1931年)の「東京府立公園設置願」など石神井村に関するものが伝わっている。また、江戸時代の上石神井村絵図面や地租改正事業に伴い作成されたと考えられる明治初期の上石神井村地引絵図などの絵図、地図も多く残されている。江戸後期以降の上石神井村・石神井村の様相を伝える文書類が残り、地域の歴史を知ることができる。


■ 栗原鉚三
石神井村村長(大正5年11月21日~昭和7年9月30日)。現在の石神井公園は、栗原家の私有地を、一部一般公開している。三宝寺池、石神井池の二つの池を中心とした公園で、園内は起伏に富み、武蔵野の自然が残されてる。木々に囲まれ静寂な趣の三宝寺池と、ボートで賑わう石神井池のほかに、石神井城跡とこれに関する幾つかの遺跡がある。公園区域は、環風致地区に指定されている。