遠藤潔の活動報告

第十八代 遠藤宗家 遠藤潔

佐野清 宝石販売佐野商店創業者

2019年07月24日
遠藤 潔 第十八代遠藤宗家の曽祖父であり大正天皇侍従の遠藤榮第十五代当主の妹君子の夫である宝石販売佐野商店の佐野清社長は、明治15年(1882年)に創業した。

明治40年(1907年)1月31日、陸軍大将であった正二位勲一等功一級伯爵の乃木希典軍事参議官は、第十代学習院長を兼任した。明治天皇は、皇孫(後の昭和天皇)が学習院に入学することから、その養育を乃木に託すべく、学習院長に指名した。また、明治天皇は、自身の子供を戦争で亡くした分、生徒らを自分の子供だと思って育てるようにと述べて、『 いさをある人を教への親として おほし立てなむ大和なでしこ 』の和歌を詠んだ。就任後、乃木希典院長は白馬に跨って登校する途中、宝石販売佐野商店に毎朝立ち寄って時計を合わせたというエピソードがある。

現在、宝石販売佐野商店は有限会社メレ・バンクとして社名変更し、ジュエリー業界の問屋街、御徒町で発展した老舗ダイアモンド輸入卸となっている。企業理念には『宝飾文化人を目指す』ことを掲げ、各種業界誌への寄稿をした。確かな見識でも知られる四代目の佐野くみ子代表取締役社長の当主は、株式会社サノ・トレーディングの佐野良彦代表取締役社長。

佐野良彦代表取締役社長は、1976年(昭和50年)東京大学考古学部・文学士を卒業後、1988年8月株式会社サノ・トレーディングを設立した。ダイアモンド1ピースからネット販売する先駆者として、ダイアモンドは0.1ct台から2キャラットを取り扱い、総数569ピースを越える実績を誇る。ダイヤモンドは全てAGT、中央宝石研究所や全国宝石学協会などのソーティングを実施し、信用を確立した。



◆ 有限会社メレ・バンク 概要
代表者 代表取締役社長 佐野 くみ子
本 社 東京都台東区上野
設 立 1882年
資本金 300万