遠藤潔の活動報告

第十八代 遠藤宗家 遠藤潔

デニス・フランシス 第78回国連総会議長

2024年02月15日
日本政府の招聘により、2月11日から15日まで訪日している国連総会のフランシス議長は、ロシアのウクライナ侵攻を巡る会合を23日に開催することについて「違法な戦争で、認められない」と強く非難した。主権侵害が続く限り、総会で優先順位が高い問題であり続けると強調した。

フランシス議長は、国際社会の危機に対して各国が団結する重要性について「問題なのは、我々が勇敢さと大胆さを持ち、国際社会の利益のために行動を起こせるのかどうかだ」と述べ、現在、国際社会が直面する危機を乗り越えるには国連加盟国の団結が重要だと訴えた。

国連総会はガザ情勢やウクライナ侵攻などで安保理の足並みがそろわない一方、去年はガザ情勢では即時停戦、ウクライナ侵攻ではロシアに対して即時撤退を求める採択を決議している。フランシス議長は「総会決議に法的拘束力はないものの、強力な政治的メッセージを発信することができ、平和のための国際世論の形成を促す効果がある」と強調した。

12日に広島を訪れ、原爆によって亡くなった方々へ哀悼の献花を行い、広島平和記念資料館を訪れ、被爆者の方々との対話に出席した。15日は岸田文雄内閣総理大臣を表敬したほか、上川陽子外務大臣との会談を行った。


■ デニス・フランシス
88年カナダトリニダード・トバゴ領事館副総領事、96年トリニダード・トバゴ外務省国際経済貿易関係副局長、97年欧州局長、99年キューバ、ドミニカ共和国大使、ハイチ大使、ジャマイカ高等弁務官、04年ジュネーブ国連事務所トリニダード・トバゴ常駐代表、06年ジュネーブ、ウィーン代表、オーストリア、イタリア非常駐大使、12年トリニダード・トバゴ外務省多国間関係局長、21年ニューヨークの国連トリニダード・トバゴ常駐代表、第78回国連総会議長。